認知症 介護生活

認知症の家族との生活の仕方、体験談、お役立ち情報など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テーマ : |ジャンル : | PAGE TOP▲

認知症とは

2037.09.26| 認知症の知識 | COMMENT(1) | TRACKBACK(1)

認知症の基礎知識


無題日本では2004年まで痴呆と呼ばれていましたが、2004年、厚生労働省により「痴呆」の語が廃止され「認知症」に置き換えられました。

認知症は後天的に脳が病的な異変を起こし、知能、記憶などが著しく低下した状態の事です。
ここでは高齢者認知症について、まとめていきたいと思います。

認知症はそのほとんどがアルツハイマー型認知症脳血管性認知症です。


アルツハイマー型認知症


老人性認知症の中でも特に多い疾患が、このアルツハイマー型認知症です。
脳に見られる大きな特徴は老人斑と神経原線維変化。
アルツハイマー病の患者の脳内では大量の老人斑の沈着と神経細胞死が急速に広がり、脳が委縮しています。
それによって知能低下や人格の崩壊がおこる…とされていますが、何が原因かは分かっていません。
老人斑は、あの天才と言われているアインシュタインの脳にも見られたそうです。
症状は比較的、ゆっくりと進みます。


脳血管性認知症


脳の血管障害や脳梗塞、脳出血によって起こる認知症です。
特徴として、脳疾患になった後に急激に認知症の症状が現れたり、階段状に悪化することが多いようです。
脳の血管が侵されている場所によって、機能の低下はまだら状態で、記憶障害がひどくても人格や判断力は保たれていることが多いことや、高血圧、糖尿病、心疾患など脳血管障害の危険因子を持っていることが多いことも特徴です。
ちなみに、我が家のばーちゃんはこのタイプです。


認知症チェックリスト


曜日や日にちがあいまい。
出かけた時に、道が分からない
自分の名前、生年月日、住所、電話番号が言えないときがある。
会話の途中で単語が出てこないことがあったり、しばしば、会話がつまる。
体調が悪いわけではないのに出不精になった。
知っている人の名前や顔が思い出せない。
以前、使えていた電化製品などが使えなくなった。
テレビや本の内容がいまいち分からない。
お金の単位が分からないときがある。
物を適切な場所にしまえない。
物をしまった場所が分からない。
いつも探し物をしている。
最近のことを忘れっぽくなった。
数日前の会話の内容を思い出させようとしても、難しい。

自分または家族にチェックが多いほど、認知症の疑いがあります。
早めに医療機関に相談しましょう。
>>認知症の診察は何科を受診??
スポンサーサイト
テーマ : 介護 |ジャンル : 福祉・ボランティア | PAGE TOP▲

最近の様子…栄養補助食品に頼る

年末に退院してから4か月…一時は歩くこともままならいばーちゃんでしたが、今は、入院前の生活に戻ることが出来ました!
自分で寝起き、着替え、家の中の歩行、トイレ…どれも、私の手がいらなくなりました^^
3月までは、ずっとばーちゃんのそばで見守りを続けていたのですが、今はだいぶ目を離しても大丈夫なようにまで回復。一安心です。
90歳という年でもちゃんと回復するものなんですね…あきらめなくてよかった。

続きを読む »

テーマ : |ジャンル : 福祉・ボランティア | PAGE TOP▲
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。