認知症 介護生活

ここは『認知症の診断』について語っています。
TOPスポンサー広告 > タイトル - 認知症の診断TOP認知症の知識 > タイトル - 認知症の診断

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テーマ : |ジャンル : | PAGE TOP▲

認知症の診断

2011.09.26| 認知症の知識 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0)
もし、家族に認知症の症状が見られたとき…その重い症状ばかりが先立って、不安に思うかもしれません…。
ですが、認知症は早期発見・治療することにより、完治は難しいですが、症状を遅らせることができます

認知症の受診


認知症が疑われる際に、受診する医療機関は、精神科神経科神経内科老年科脳神経外科脳外科物忘れ外来などの科を受診します。

どこの病院に適当な診療科があるか分からない時は、地域の保健センターにある相談窓口や包括支援センターなどに問い合わせてみましょう。

初めから大きな病院に行くことに抵抗がある場合は、かかりつけ医に診てもらい、専門の診療科を教えてもらうということもできます。

認知症の診断


 

問診


認知症』と『単なる物忘れ』は違います。そこで、本人と家族を対象に、問診を行います。
認知症の患者さんは、家族以外の人にはよそ行きの顔を見せることがあります。日常生活の中で、家族しかわからない症状もあると思うので、先生には日頃の様子をしっかり伝えましょう。

簡単な記憶障害や認知機能の低下を調べる検査(認知機能テスト)をすることもあります。

【 問診でよく質問されること 】
■ いつごろから、どのようにして症状が出てきたのか?
■ 現在はどのような症状があって、どのような症状で困っているのか?
■ 今までにかかったことのある病気は?
■ 現在、治療を受けている病気はあるか?
■ 薬を飲んでいるか、飲んでいたことがあるか?


身体検査


問診や認知機能テストで、認知症の疑いがあると診断されたら、次は身体検査をします。
これによって、認知症と間違われやすい病気と区別したり、他の病気の有無をみることができます。

【 主に行われる検査 】
■ 一般内科的診察/運動機能や腱反射検査などの神経学的検査など
■ 血液・尿検査など
■ CT/MRI検査など


関連記事

スポンサードリンク
 
テーマ : 介護 |ジャンル : 福祉・ボランティア | PAGE TOP▲
コメント:
■コメントの投稿■
コメントありがとうございます!


管理者にだけ表示を許可する

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。