認知症 介護生活

ここは『違う病院で言われたことは…』について語っています。
TOPスポンサー広告 > タイトル - 違う病院で言われたことは…TOPばーちゃんとの軌跡 > タイトル - 違う病院で言われたことは…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テーマ : |ジャンル : | PAGE TOP▲

違う病院で言われたことは…

詳しく検査を受けるべく、大きな病院へばーちゃんを連れてきた私。
…病院ってなんであんなに面倒くさいんでしょうね~。
やれ、紹介状がどーのとか予約してないからどーのとか言われましたよ;;;

長い時間を待って、やっと診察。
通院していた病院でのことと、飲んでいる薬、現在の体調などを説明する。
先生は、いますぐの検査はCTしかできないのでとりあえず、やってみる??とのこと。
MRIなどは予約と今日分の枠はいっぱいなんだってさ。

CTをするのにも、やれあっちへ行きこっちへ行き…病院って、病気の人が来るところでしょ??動かしすぎだろ…;;;
そして、いちいち分かりにくい。

検査結果は、通院している病院と同じでした。
まぁ、現状維持とのこと。
でも、脳梗塞は早い段階で集中的に点滴をすることでほぼ治ったりするのだとか。
でも、発見は症状が現れてからせいぜい1日くらいたたないと検査で見つけることは難しいらしく、今の段階では再発しているかどうかは分からないし、点滴してもよくなるかどうかは分からないけど、しないよりはいいと思う…というあいまいな感じでした。

ただ、その点滴…2~3週間くらい、毎日やるそうです;;;
毎日通うのはしんどいので、先生が検査入院することをすすめてくれました。

その日のうちに入院の手続きと用意を済ませ、少しのあいだの入院生活です。
その病院は完全看護なので、私は家から通うようになりました。

…結局、毎日行く羽目に(笑)

関連記事

スポンサードリンク
 
テーマ : 介護 |ジャンル : 福祉・ボランティア | PAGE TOP▲
コメント:
■コメントの投稿■
コメントありがとうございます!


管理者にだけ表示を許可する

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。